【帰国子女の小学生】育った場面でおすすめのオンライン英会話と失敗しない選び方

【帰国子女の小学生】育った場面でおすすめのオンライン英会話と失敗しない選び方

こんにちはオンライン英会話の経験あり田中です。今回は帰国子女小学生におすすめのオンライン英会話はどれ?」という疑問にお答えします。

帰国子女の小学生といっても「過ごした国」「過ごした期間」によって、当然ながらおすすめといえるオンライン英会話は変わってきます。

そこで帰国子女における場面ごとのシチュエーションに合わせたおすすめオンライン英会話、また失敗しない選び方についてまとめたので参考になさってみてください。

帰国子女の小学生におすすめオンライン英会話

帰国子女の小学生におすすめオンライン英会話

それぞれのシチュエーションに沿った選び方については後ほど詳しく解説をしますので、ここではその根拠をもとにおすすめのオンライン英会話をピックアップしました。

英語圏の国で「3年未満」過ごした帰国子女

英語圏の国で「3年未満」過ごした帰国子女

海外滞在3年未満の帰国子女は「基礎基本」から学べるオンライン英会話がおすすめです。

基礎から無料の専用教材でレッスンできるオンライン英会話

オンライン「学研Kimini英会話」

オンライン「学研Kimini英会話」

滞在期間3年未満の帰国子女にピッタリなのが「学研」のオンライン英会話。しっかりと作り込まれた無料教材で基礎から確実にレッスンできるためかなりおすすめです。

帰国子女の小学生におすすめといえる特徴は豊富なカリキュラムがあることで、小学生コースはもとより発音練習など滞在中にネイティブ発音で慣れたヒアリングをより細かく理屈をレッスンできるため。

日本の小学校をはじめ学校教育では、とくにテストで点数をとることが大事。それに対応するためにもネイティブ発音を方言のない標準語で覚えておくことが大切です。

フィリピン人講師なのできれいな標準語でレッスンできることや、学研の独自テキストを無料で使えることなど、帰国子女の小学生にメリットが多いおすすめのオンライン英会話といえます。

しっかりしたカリキュラムで学べるオンライン英会話

「ECCオンライン英会話」

ECCオンライン英会話

ECC外語学院など英会話専門の会社として続いており「豊富なカリキュラム」が特徴の、帰国子女の小学生におすすめといえるオンライン英会話です。

海外滞在中に「英会話へ触れてはいるが文法などまで理解できていない」という帰国子女におすすめのオンライン英会話で、細かなカリキュラムで確実性の高い教材とレッスンで英会話力を身につけられます。

とくに講師のバリエーションが多くフィリピン人・ネイティブ・日本人などから選べ、子供の理解度に合わせて講師が選べるためより効果的な英会話レッスンにつながります。

英語圏の国で「3年以上」過ごした帰国子女

英語圏の国で「3年以上」過ごした帰国子女

英会話に慣れており文法もおおまかに理解できているので「中級レベル以上」のオンライン英会話がおすすめです。

ハイレベルでカランメソッドも可能なオンライン英会話

「QQキッズ」

QQキッズ

海外滞在中にたくさん英会話に触れ馴染んできた帰国子女の小学生には、そのスキル維持と向上につながるハイレベルなカリキュラムや「カランメソッド」が可能なためおすすめといえるオンライン英会話です。

子供の英文法へ対する理解度にもよりますが、文章構成も理解できて身についている場合には「カランメソッド」で4倍速のレッスンが現地感覚で英会話学習できるため最適。

またカリキュラム全般が中級者以上にとって適した内容であることや、国際資格TESOLの資格を全員保持している講師陣など、海外で3年以上過ごした帰国子女の小学生に正しい英会話を学習できるおすすめのオンライン英会話です。

フリートークもあり学研教材でレッスンできるオンライン英会話

オンライン英会話「クラウティ」

オンライン英会話「クラウティ」

海外で長く過ごしてきた帰国子女の場合は「フリートーク」でレッスンする方法もおすすめ。定められたカリキュラムではなく必要な部分だけをレッスンできて、その中にフリートークも構成されているためおすすめといえるオンライン英会話です。

また学研が運営しているため使用されている無料テキストも、学研教材をベースにしっかりと作り込まれハイレベルな英会話レッスンにも確実に対応できる内容。

余談にはなりますがレッスンは家族間でシェアできるため、コスパにすぐれ有意義な使い方のできるオンライン英会話といえます。

英語圏以外の国で過ごした場合

英語圏以外の国で過ごした場合

まったく英会話に触れていない場合は「初心者向け」のオンライン英会話がおすすめです。

日本人講師数が国内最大レベルのオンライン英会話

オンライン英会話「スモールワールド」

オンライン英会話「スモールワールド」

まったく英会話に触れてこなかった帰国子女の小学生には、日本人講師が多く在籍するオンライン英会話が最適。国内最大数の日本人講師がいるため英会話未経験の帰国子女におすすめです。

全体の約80%が日本人講師のため「日本語で質問できる」という観点においてはもっともおすすめで、また日本人講師の多さから予約できないといった心配なく余裕をもって選べるのも安心できるポイント。

もっとも英会話初心者向けといえるオンライン英会話で、英語圏以外で過ごしてきた帰国子女に最適な選択となります。

初心者向きでクオリティの高い講師陣のオンライン英会話

オンライン英会話「グローバルクラウン」

オンライン英会話「グローバルクラウン」

しっかりとしたカリキュラムと教材でレッスンできて、さらに英語4技能「聞く」「話す」「読む」「書く」を学ぶためのノウハウを多く持っていることでおすすめです。

また日本人講師中心で運営されているためレッスン時の質問に困ることもなく、国際教養大学(AIU)や国際基督教大学(ICU)などを出身とする講師もたくさんいるのが特徴。

やや費用面は高めの設定となっていますが、それだけに全般において充実した内容になっているため選んで損はありません。英語圏以外で過ごしてきた英会話初心者の帰国子女におすすめのオンライン英会話です。

Z会ともコラボしている初心者におすすめのオンライン英会話

オンライン英会話「リップルキッズパーク」

オンライン英会話「リップルキッズパーク」

通常の英会話レッスンはもとより「リップル英検」という英検の前哨戦のような独自カリキュラムがあるため、英会話に慣れていない帰国子女の小学生にはおすすめです。

このリップル英検というのは英検5級以前のレベルを身につけられるというカリキュラムで、帰国して英検学習を行った経験のない帰国子女にはピッタリの内容。

さらにZ会とコラボしていることからも、高い学習効果の期待できる教材などが用意されているため正しい英会話をレッスンすることができるオンライン英会話です。

帰国子女の小学生に失敗しないオンライン英会話の選び方

帰国子女の小学生に失敗しないオンライン英会話の選び方

帰国子女の小学生といっても、過ごした国や期間によって選ぶオンライン英会話は違ってきます。

「帰国子女」とは、海外勤務者等の子女で、引続き1年を超える期間海外に在留し、年度間(4月1日から翌年3月31日)に帰国した児童・生徒をいいます。
参考:総務省統計局

海外の国で1年以上過ごしていれば帰国子女の規定に当てはまるため、過ごした期間が短い場合、また逆に長期間といえる3歳~10歳まで7年間を過ごしていても同じ帰国子女。

海外へ在留しはじめたときの年齢や、現地の学校へ通うなど過ごし方によっても異なりますが、もっとも英語の理解力(英会話能力)に大きな差となって現れるのが「滞在期間」ではないでしょうか。

また過ごした国が英語圏以外であれば英会話能力はほとんど養えないなど、帰国子女のタイプによっておすすめといえるオンライン英会話の選び方は異なります。

これらのパターンに当てはめた上で、帰国子女の小学生におすすめといえるオンライン英会話の選び方を紹介します。

英語圏の国で過ごした場合

英語圏の国で過ごした場合

アメリカをはじめイギリス、アイルランド、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ共和国など英語を第一言語とする英語圏の国において「3年間滞在」を区切りとしておすすめの選び方を解説します。

海外滞在3年未満の帰国子女

3年未満の帰国子女は英会話能力がそこまで身に付いていないことを前提として考える必要があるため、できれば「基礎基本」からしっかりとレッスン可能なオンライン英会話を選ぶことがおすすめです。

海外で滞在中に英会話へ触れることはできても、英文法など理屈部分について理解するチャンスはそう多くもなかったのではないでしょうか。

そこで基礎基本をレッスンできるオンライン英会話の選び方として、まず重要となるのが充実した教材。

したがって基礎基本を学べる教材を使用されていることが前提で、さらに段階的なカリキュラムに沿ってレッスンのできるオンライン英会話を選ぶことがおすすめです。

海外滞在3年以上の帰国子女

3年以上を過ごした帰国子女の場合は、英会話能力はもとより英文法までやや理解できていることが前提。

英会話に長いあいだ触れることで文章構成の理屈まで身についている場合が多いことを考慮すると、中級者以上に最適といえるハイレベルなレッスンを提供するオンライン英会話がおすすめです。

また海外滞在0~10歳など日本語ではなく完全に英語だけで育った場合は、英会話能力や文法理解は身についているため、そのスキルを維持するために「講師とオープンな会話」のできるオンライン英会話がおすすめ。

また英会話上級者向けの「カランメソッド」が可能なオンライン英会話もいいかもしれません。

講師と会話をする中で必要なテキストを探ったり、今後のカリキュラムを考えていけるようなオンライン英会話を選ぶことが有意義な選択になるのではないでしょうか。

英語圏以外の国で過ごした場合

英語圏以外の国で過ごした場合

まったく英会話に触れず育ってきた帰国子女の場合は、完全に日本人小学生と同じようにオンライン英会話を選ぶことがおすすめです。

まずは英会話初心者に最適なカリキュラムのあるオンライン英会話を利用して、しっかりと基礎基本から理解していけるような選び方をすることでまずは英会話に馴染む。

その後も日本人の小学生と同じようにカリキュラムをこなして、少しずつ確実にレベルアップしていけるようなオンライン英会話を利用することが最適な選び方といえます。

参考:小学生向けオンライン英会話の始め方と失敗しない3つの注意点

まとめ

今回は「帰国子女の小学生におすすめのオンライン英会話」についてピックアップまた選び方を紹介しました。これで失敗することはないと思います。

よくインターネット検索で「帰国子女の小学生におすすめオンライン英会話」など見かけますが、解説してきたように帰国子女といっても一律に考えるのはナンセンス。滞在した国や期間など状況はさまざまで、育ってきた環境に合わせて考える必要があります。

私もこれまでに、多くのオンライン英会話を探りレビューしてきました。

その経験からピックアップした帰国子女の小学生におすすめのオンライン英会話、また失敗しない選び方をぜひ参考になさってみてください。

もういちど「おすすめオンライン英会話」を見る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました